【これを読めば完璧】キャバクラで身バレする7つの原因と対策を紹介

  • キャバクラで働きたいけど身バレが心配…
  • 親や彼氏・会社にバレずにキャバクラで稼ぐにはどうしたらいい?

高時給を求めてキャバクラで働いてみたいものの、このように身バレ(親バレ・彼バレ・会社バレ)が気になって1歩を踏み出せない方も多いかと思います。

基本的に”身バレ”というと、源氏名の自分(お店での架空の自分)ではなく本当の自分がバレてしまうことを示すかもしれませんが、ここでは両親・彼氏・会社にバレるという意味で利用させていただきます。

弊社(GeM)では、千葉県に特化したキャバクラ派遣サービスを運営しておりますが、登録に来られる方の中には身バレを心配されている方も実際に多いです。

この記事では、キャバクラで働いてみたいけど身バレが心配・・・という方に向けて、キャバクラでよくある身バレの原因と対策をご紹介します。

この記事を読んで身バレ対策を徹底することで、キャバクラ勤務が身内にバレる可能性を大きく下げることができますよ!

目次

キャバクラで身バレに繋がる7つの原因と対策

キャバクラで働いていることが周りにバレてしまう原因として多い理由には次のようなものがあります。

  1. お客様との連絡からバレる
  2. 生活の変化からバレる
  3. 衣類に付いた匂いからバレる
  4. 知り合いが来店してバレる
  5. SNSの写真などからバレる
  6. 水商売の掲示板からバレる
  7. 税金関係からバレる

これら身バレ要因とそれぞれの対策を知っておくだけでも、身バレする可能性は大幅に下げられますのでしっかり覚えておきましょう。

お客様との連絡からバレる

まず1番バレやすい原因として挙げられるのが、お客様とのLINEや電話によるやりとりです。

キャバクラで稼ぐためには営業が必須となりますので、キャバクラで働く以上はお客様との連絡先交換は避けられません。

しかし、お客様は一人ひとりが貴女のスケジュールを把握して連絡をしてくるわけでもありません。

  • 彼氏といるとき
  • 親といるとき
  • 友達と遊んでいるとき

お客様は様々なタイミングで連絡をしてきます。

もし彼氏と一緒にいるときに電話が鳴ればバレてしまいますし、勝手にスマホを見られる可能性だってあります。

対策ポイント
  • お客様の連絡先の登録名を親や彼氏に見られても問題ない名前にする
  • お客様のLINE通知は常にOFFにしておく
  • スマホだけでなくLINEにもパスワードをつける

その他、お客様に対して「◯◯の時間帯・◯◯にいるときは連絡を返せない」と伝えておくのも◎

生活の変化からバレる

キャバクラは基本的に夜〜深夜にかけてのお仕事となりますので、突然生活リズムが変わることでキャバクラで働いている疑いを持たれる可能性もあります。

週に数回にわたり朝方にアルコール臭い状態で帰宅する生活をしていれば、さすがにキャバクラ勤務を怪しまない彼氏さんはいないと思います。

また、キャバクラは一般的なアルバイトに比べ高収入ですので、突然羽振りが良くなったり金銭的な変化があるとバレやすいです。

そのほかにも、見慣れない衣装やドレスが家にあることでバレる可能性もありますので注意しましょう。

対策ポイント
  • 朝キャバや昼キャバで働く
  • 終電上がりを利用する
  • ノンアルコールで接客する
  • ドレスや衣装は数着用意してお店に置いておく
  • 派手な買い物をしたり、無闇に生活レベルを上げない

衣類に付いた匂いからバレる

キャバクラにはタバコを吸うお客様を来店されますので、普段タバコを吸わない方であれば衣類や髪に付いた匂いからバレる可能性もあります。

対策のポイント

勤務終了後には普段から使っている香水やヘアフレグランスなどを使い、いつも通りの自分の香りを表現するようにしましょう。また、バイト先を深夜まで営業している居酒屋やbarなどと偽るのもアリかもしれませんね。

知り合いが来店してバレる

可能性は低いですが、知り合いがお客様として来店してバレるケースもあります。

まさかそんなこと・・・

と思うかもしれませんが、自分は相手に気付かなくても、相手は自分を知っている可能性だってあります。

全く知らない人だったけど、実は彼氏の友人だった・・・なんてこともあるので注意しましょう。

対策ポイント
  • 地元すぎるお店で働かない
  • 勤め先の会社近くのお店では働かない
  • 会員制のお店に勤務する

特に昼職と掛け持ちの方は会社にバレてはまずいと思いますので、なるべく勤め先と関係ないエリアのお店で働くようにしましょう。

SNSの写真などからバレる

実は侮れないのがSNSです。

最近ではSNS集客に力を入れているお店も多く、TwitterやInstagram・TikTokなどで待機中に写真や動画を撮ってアップしているキャストさんもいます。

お店で仲良くなった女の子と何の気なしに撮った写真がSNSにアップされ身バレに繋がる可能性もありますので注意が必要です。

対策ポイント
  • 同じお店の女の子と写真を撮るときはSNSに投稿するのか確認する
  • 店内でお客様のカメラに写らないように気をつける
  • SNS営業を義務付けているお店では働かない
  • 万が一写真に写ってしまった時のために普段使っているアクセサリーなどは身につけない

水商売の掲示板からバレる

ネット上には、店名やキャスト名の名指しでスレッドが立っている掲示板があります。

具体的には、ホスラブや爆サイといった掲示板サイトですね。

このようなサイトは同業さんはもちろん、キャバクラ遊びが好きなお客様も多数見ています。

まさかバレないだろうと思ってお客様に自分の地元の話や本業・実年齢などを話してしまうと、瞬く間に掲示板で話題になり、リアルの自分を特定される可能性もあるので注意しましょう。

キャバクラでは源氏名と一緒に架空の自分を作り、身バレに繋がりそうな話は絶対にしないようにしましょう。

対策ポイント
  • 身バレに繋がりそうなことは絶対に話さない
  • お客様だけでなくお店の女の子にも話さない
  • 源氏名は本名とかけ離れた名前にする
  • 事前に架空の職業や趣味などで会話用に偽りの自分を作っておく

税金関係からバレる

最後の身バレポイントとしては、税金関係です。

キャバクラはお店に雇われるのではなく個人事業主となるので、本業以外の収入として稼いだ分の住民税などが上がることによって会社に副業がバレてしまいます。

もちろん確定申告を行わなければバレることはありませんが、それでは脱税となってしまいます。

正直なところ、確定申告をしていないキャバ嬢さんが多いことも事実なのですが、万が一お店に税務調査などが入った場合はキャストさんの脱税もバレてしまいますのでオススメしません。

確定申告書類を準備する際に、住民税の徴収方法を給与から差し引きではなく自分で納付にすることで本業とは別にキャバクラで稼いだ分の税金は会社にバレることなく自分で収めることができます。

上記のように、確定申告のやり方さえ間違えなければ会社にバレず税金もしっかりと収めることができますので、キャバクラで稼いだ分の税金はしっかりと自分で納めるようにしましょう。

対策ポイント
  • 確定申告をする際は、有識者に相談した上で書類を作ろう

少し大袈裟に感じる部分もあったかもしれませんが、ここまで徹底して気を付けるようにすれば身バレする可能性も低くなります。

キャバクラの中でも身バレする可能性が低い働き方

実はキャバクラの中でも、身バレがしやすい働き方とそうで無い働き方があります。

その違いは、在籍するかどうかです。

例えば、ここまでで紹介した主な身バレの原因は以下のようなものでした。

  • お客様との連絡でバレる
  • 生活の変化でバレる
  • 知り合いが来店してバレる
  • SNSの写真・掲示板などからバレる

しかし、これらは在籍で働いているからこそ身バレの可能性が生まれてしまう要因なんです。

ようするに、連絡先交換をしない・シフトも組まない・特定の1店舗に在籍しないという働き方であれば身バレする可能性はさらに下げることができます。

身バレする要因から消してしまえば良いってことですね!

しかし、そんな都合の良い働き方があるの?と疑問に思われるかもしれませんが、あるんです。

それが、以下の2つの働き方です。

  • 不定期に体入だけしかしない
  • キャバクラ派遣会社に登録する

不定期に体入だけしかしない

キャバクラには、体験入店(体入)というシステムがあります。

体入は入店するお店を決める際に、実際に1日だけ体験キャバ嬢として働くことができるというものです。

体入の場合は本当に1日だけの勤務ですので、思い立ったその日に働いて高時給を全額日払いで貰うことができます。

特定のお店に入店するわけではなく、1日だけの勤務なのでお客様と連絡先交換をする必要もなければ、掲示板などで妙な噂が広まる心配もありません。

ただしデメリットとしては、基本的に体入は1店舗につき1度しかできません。

そもそも入店を見据えて1日だけ働ける制度なので、日払い目的で何度も体入を繰り返すことは体入荒らしと呼ばれ水商売ではご法度行為になるのです。

複数のお店で1回ずつ体入をすればいいじゃん!と思うかもしれませんが、お店の数は限られてますし長期的に見れば良い選択とは言えませんね・・・

在籍ではなくキャバクラ派遣会社に登録する

もっともオススメなのは、キャバクラ派遣会社に登録して派遣キャバ嬢として働くことです。

キャバクラ派遣とは、登録制のキャバクラバイトであり、仕組み的には体入と変わりません。

  • いつで全額日払い
  • シフトなし自由出勤
  • 連絡先交換は不要
  • 様々なエリアから好きなお店を選んで1日出勤できる

>> 未経験でも3分で分かる!キャバクラ派遣とは?

体入と異なる点としては、派遣なので何度でも同じお店に1日出勤ができるということです。

体入は入店するかの最終判断としての意味合いで1日だけ働きますが、キャバクラ派遣は女の子が足りないお店でのお手伝いとして1日だけ働きます。

そのため、体入のように入店の意思があるかどうかは関係ありません。

キャバクラ派遣は、体入の上位交換と考えれば分かりやすいかもしれませんね!

もちろんキャバクラ派遣も1日だけの勤務ですので、お客様との連絡先交換は不要ですしシフトもありません。

出勤日は自分のタイミングで自由に決められるので、毎週末1日だけなど決めておけば、彼氏や親にも「友達のお家に泊まる」で誤魔化せますよね!

また、在籍の場合は永遠にドレスをレンタルすることはできませんが、派遣であれば常にレンタルドレスでOK!

手ぶらで出勤して手ぶらで帰れるので、家にあったドレスが見つかってバレる・・・なんて心配もありません。

派遣を募集しているお店は全国に多数ありますので、自宅や会社から離れたエリアのお店を自由に選んで出勤することもできます。

このように、キャバクラ派遣であれば在籍に比べて働き方の自由度が高いので、身バレする可能性も大幅に下げることができますよ!

まとめ

ここまでキャバクラの身バレする原因についてご紹介してきましたが、やはり一番バレるケースとして多いのが「お客様との連絡」や「生活の変化」です。

この二つを特に気をつけるだけでも身バレする可能性は下げることができます。

しかし、在籍して本格的に働くとなれば、これらを徹底的に意識することはどうしても難しくなってしまいます。

ですので、どうしても彼氏や親にバレたくない!という方は、キャバクラ派遣から初めてみることをオススメします。

GeMでは千葉県に特化したキャバクラ派遣サービスを展開しておりますので、これから派遣キャバ嬢として稼いでみたい方は是非お気軽にご登録ください!

ご登録の応募はこちら【無料】
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる