キャバクラのlast(ラスト)って何時まで?意外と知らない営業時間の話

  • キャバクラのlastって何時迄なんだろう?
  • どうして分かりにくい表現をしてるの?
  • もしかしてlastまでのお店って違法店…?

キャバクラのホームページや求人サイトなどで、「20時〜LAST」という表記を見かけたことはありませんか?

言われてみればキャバの閉店時間って「Last」になっているお店が多いよね。あれってどういう意味なの?

キャバクラの「Last」は、閉店時間に明確な決まりはないという意味なんです!

しかし、実際のところ多くのキャバクラが「Last」という表現を使う理由には、風営法上の問題などナイトワーク初心者の知らない闇が隠されています。

この記事では、そんなキャバクラのLastの闇や明確な営業時間についてご紹介します。

千葉県専門のコンパニオン派遣

  • シフトなし&完全自由出勤
  • 時給4,000円〜のお仕事多数
  • お昼の時間帯のお仕事もあり
LINEだけで簡単応募可!
目次

キャバクラのLast(ラスト)って何時までのこと?

キャバクラのLastは、「何時まで!」というように明確な時間はありません。

ようするに、お客様がいる限りは営業しますが、客入りによっては22時に閉めることもあれば0時まで営業することもあるというような意味となります。

キャバクラは客入りによって閉店時間が変わることは日常茶飯事です。そのため明確な閉店時間を定めているお店は少なく、閉店時間=Lastということになります。

じゃあキャバクラは、ほとんど営業時間が決まっていないお店ばかりなんだね!

実はそうではなくて、多くのお店がLast表記ではあるものの、実際の営業時間はしっかり決まっているんです。

ここからは、そんなLastの謎について紹介していきます!

どうしてキャバクラの営業時間はLast(ラスト)なの?

キャバクラの営業時間がLastである理由は、風営法で定められた時間外営業をしているお店がほとんどだからです。

本来キャバクラは0時までしか営業することができません。歌舞伎町などの一部繁華街エリアのみAM1:00までの営業が認められています。

そうなの!?私が今まで在籍したことあるお店は3時くらいまで営業してたんだけどな…。

たしかに風営法では0時までと決められていますが、実際は0時以降も営業しているキャバクラがほとんどなんです…!

そのため、一部エリアを除き0時以降まで営業しているキャバクラは風営法違反店となります。

補足

ガールズバーは風営法ではありませんので、朝まで営業していても違法ではありません。

Last(ラスト)まで営業しているお店は悪質店!?

キャバクラが風営法で0時までしか営業できないにも関わらず、3〜4時まで営業しているお店は沢山あります。

しかし、0時以降の営業は立派な風営法違反です。

え…、じゃあ私が今まで在籍してたお店って悪質な違反店だったんだ…!

事実上はそうなりますね…、でも0時以降も営業してるキャバクラだから悪質店というわけではないんです!

というのも、そもそもキャバクラは0時頃が最も盛り上がる時間帯ですので、0時付近にお店を閉めてしまうと売上が見込めなくなってしまうんです。

そのため、風営法を厳守して0時迄の営業しか行わないお店よりも、実際は3〜4時頃まで営業しているキャバクラの方が圧倒的に多いんです。

キャバクラの営業時間は暗黙の了解

繰り返しになりますが、風営法で営業時間が決められていても、0時以降まで営業しているキャバクラがほとんどです。

しかし、なぜ摘発されないのかといえば、キャバクラの時間外営業は暗黙の了解となっている部分が大きいからです。

言われてみれば、違反しているのに堂々と営業してるお店が多い気がする…!

風営法違反ではあるものの、そこまで厳しく取り締まられていないというのが現状なんです。

そのため、0時以降まで営業しているからといって全てのキャバクラが悪質店というわけではありません。

優良店と認知されている有名なお店であっても0時以降の営業を行なっていることは決して珍しくありません。

見せしめとして摘発されるケースも…!

実は0時以降も営業しているお店が摘発されるというケースは稀なんです。

ただ、Lastまで営業している全てのお店が悪質店ではないといえ、それでも風営法違反をしていることに変わりはありません。

そのため、見せしめとして摘発されるお店も年間で数店舗はあります。

働いてるだけでいきなり逮捕とか怖すぎ…

逮捕されるのは店長やオーナーであって、キャストまで逮捕される可能性は限りなく低いですけどね…!

それでも不安な方は、なるべく風営法を厳守したお店を選ぶことをおすすめします。

Last(ラスト)営業より注意しなければならないポイント

ここまでお読みいただいた方であれば、Last営業をしていること自体はお店に良し悪しに関係ないということが分かっていただけたかと思います。

しかし、在籍するお店を探す場合は、営業時間よりも注意しなければならないポイントはたくさんあります。

  • 無許可営業
  • ぼったくり店
  • 18歳未満の採用
  • 悪質なダミー店

無許可営業をしているお店

キャバクラを営業するには風俗営業許可の届出が必要となりますが、申請を行わずに営業しいるお店も少なくありません。

風営法を厳守しないどころか、営業許可すら取ってないんだね…

無許可営業のお店は時間外営業とは比較にならないほど摘発リスクが高いです。

また、そもそも許可を申請せずに営業しているようなお店ですから、キャストに対しても対応が適当な悪質店の可能が高いです。

お給料の未払いリスクなども考えられますので、絶対に入店しないように注意しましょう!

ぼったくり店

ぼったくり営業により売上を上げているお店も在籍店としては避けた方が良いです。

以外にも摘発されるケースは少ないですが、ぼったくり店ですからとにかくお客様とのトラブルが日常茶飯事です。

お店のスタッフとお客様が揉めているだけならまだしも、最悪の場合はキャストもトラブルに巻き込まれる可能性だってありますので、絶対に避けてお店を探すようにしましょう。

たとえ女の子はぼったくり店って知らなかったとしても、同罪としてお客様から恨みを買うこともありそうだしね…

思わぬ危険なトラブルに発展する可能性もあるので、ぼったくり店だと分かった時点で即退店しましょう…!

18歳未満のキャストを採用しているお店

キャバクラは18歳未満の方が働くことはできませんが、中には高校生をキャストとして採用しているお店もあります。

このようなお店は無許可営業の可能性も高く、常に摘発リスクが付き纏いますのでオススメしません。

キャバクラでは採用される際に必ず身分証の提示・コピーが必要となりますが、身分証提示が不要だったり、顔写真付きの身分証でなくてもOKなお店には注意が必要です。

身分証が緩いお店ほど18歳未満を採用していたり、無許可営業の違法店である可能性が高いので気をつけましょう!

身分証に厳しいお店の方が安心ってことだね!

まとめ

風営法上のキャバクラは0時までしか営業することができませんが、ほとんどのキャバクラが3〜4時頃まで営業しているのが現状です。

とはいえ営業時間を「20:00〜4:00」という表記はできないため、Lastという表記が使われています。

堂々と風営法に違反してるって宣言してるようなものだものね…!

しかし、Last表記のお店だからと言って全てが悪質というわけではないですが、どうしても気になる方は風営法を厳守したお店で働くことをおすすめします。

最後に少しだけ宣伝となりますが、GeMは千葉県を中心にキャバクラ紹介・派遣を行う会社です。

厚生省認可の職業紹介許可を取得して健全な運営をしており、紹介先のキャバクラも風営法厳守のお店を取り扱っています!

しっかりとヒアリングをさせていただきながら貴女にぴったりなお店をご提案致しますので、安全な優良店をお探しの方は是非お気軽にご相談ください!

ご登録の応募はこちら【無料】
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる