【キャバクラ営業電話のコツ】かけるタイミングと3つのポイントを解説

  • お客様への営業電話が苦手…
  • 何を話せば良いのか分からない…
  • 営業電話のコツがあれば知りたい!

キャバクラの営業電話に苦手意識を持つキャバ嬢は少なくありません。

営業電話はLINEで営業するよりも時間が取られるうえテンポのいい会話が必要だし、決して楽な営業方法ではないよね…

ですが、LINEやSNSで手軽に多くの人と繋がれる時代だからこそ「電話の向こうにいるたった1人」を意識してかける営業電話はお客さんの心に響き、来店に繋がりやすいです。

結論から言えば、営業電話の役割をしっかりと理解することが大切です。

  • 営業電話
    =来店をプッシュする
  • 営業電話
    =お客様との距離を縮める

この記事では、営業電話をかけるタイミングやコツを徹底解説します。

目次

キャバクラの営業電話の必要性

まずは何故キャバクラでは営業電話が重要なのかを理解しましょう。キャバクラの営業電話は、以下の理由により必要です。

  • お客さんの印象に残る
  • LINEが苦手なお客さんもいる
  • 来店や同伴に繋がりやすい

お客さんの印象に残る

「苦手」という理由で営業電話を避けるキャバ嬢が多いからこそ、電話をかけるだけでお客さんから珍しがられ印象に残ります。

お客さんからすれば例え営業電話だとしても、LINEよりも電話の方が声を聞くことができるためシンプルに嬉しく思ってもらえる可能性が高いです。

たしかに同じ営業でもLINEと電話なら電話の方が印象に残りそうだね!

お客さんに特別感を持たせ好印象を残すためにも、キャバクラでは営業電話が必要不可欠なのです!

LINEが苦手なお客さんもいる

キャバクラに来るお客さんの中には、以下のような理由からとLINEを嫌う男性も多いです。

  • スマホの操作が苦手
  • シンプルに面倒くさい

このようなお客さんにはLINE営業が響かないので、多くのキャバ嬢は「脈なし」と判断して営業するのを諦めます。

しかし、そんな中で営業電話をかければ他のキャバ嬢よりも一歩抜きん出ることができ、来店に繋げられる可能性がアップします。

営業せずにお客様を逃すより、営業したけどお客様を逃す方が得られる経験値は多いです!どうせ誘わないと来店されないお客様ならガンガン営業してみましょう!

来店や同伴に繋がりやすい

LINEで営業すると、他愛もない話がダラダラと続きがち。しかし営業電話は「通話終了」というやり取りが終わる明確なタイミングがあるからこそ、テンポよく会話が進みます。

  • 今何してるの?
  • 今晩予定ある?

と聞けばすぐに答えが返ってくるので、

時間があるなら飲みに来て♡

・・と誘いやすいです。

リアルタイムに相手の状況がわかるからこそ効果的に営業できるのは、営業電話の大きな魅力といえますよね!

最も効果的な営業電話のタイミングは?

あらかじめお客さんに都合のいいタイミングを聞いておくことが大切ですが、以下のタイミングはお客さんが電話を取りやすい時間帯なのでおすすめです。

  • 来店後すぐ
  • 夕方
  • LINEで元気がないと感じたとき

退店後すぐ

お客さんが退店した直後は、営業電話をかけてお礼を伝えるのにぴったりなタイミング。

キャバクラで飲んだ後に仕事に戻るお客さんは基本的にいませんし、帰宅途中であれば家族がいるお客さんのプライベートも邪魔しません。

よって、この時間は最も営業電話に出てもらいやすいタイミングといえます。

お客さんはキャバクラでの楽しい時間が終わって少し寂しさを感じているタイミングでもあるので「来てくれて嬉しかった。今日はありがとう」と伝えるだけで喜んでくれるはずだよ!

夕方

夕方は、ちょうどお客さんの仕事が終わるタイミングです。

「今夜はどこかに飲みに行こうかな」と考えているお客さんも多いので、このタイミングで営業電話をかけると高確率で来店に繋がります。

もし当日の来店が難しいお客様の場合は「お仕事お疲れさま」と一言労うだけで女の子に抱く印象はガラッと変わってきますよ!

LINEで元気がないと感じたとき

LINEのやり取り中、お客さんの元気がないように感じた場合も営業電話をかけてみましょう。

たとえあなたの勘違いでもお客さんは「心配してくれたんだ」と捉えて悪い気にはなりませんし、本当に元気がないときは「気づいてくれたんだ」と嬉しく思うはずです。

自分のことを気にかけるキャバ嬢にはお客さんも心を開いてくれるので、信頼度が高まり来店頻度もアップすること間違いなしだよ♪

営業電話から来店に繋げるポイント

ここからが恐らく多くのキャバ嬢のお悩みポイントである「営業電話のコツ」です。

営業電話の重要性は理解したものの、どうやって来店に繋げればいいのか分からないという方は多いと思います。

そんな方は最低限のポイントとして以下3つを意識してみてください!

  1. あからさまな営業はNG
  2. 通話時間は短めに
  3. 仲良くなることに徹する

あからさまな営業はNG

ガツガツした営業電話をかけるキャバ嬢はお客さんから嫌われます。

お店に来てほしいときだけ営業電話をかける、会話の中で来店してほしいアピールばかりするなどの行為は、お客さんをうんざりさせるためです。

「お店に来て」「同伴して」とストレートに言うのではなく、

  • 会いたい
  • デートしよう

という言葉を使ったほうが、お客さんも気分よく応じてくれます。

あくまで営業電話では仕事の話は控えめにしつつ、日常会話の中でタイミングを図ってさり気なく来店を促すようにしてみよう!

通話時間は短めに

キャバクラの営業電話は、1回につき5分程度と短い時間で問題ありません。

あまり長く電話で話すと、お客さんは電話だけで満足してしまい来店しないケースが多いためです。

通話を短めに切り上げてお客さんの「もっと話したい」という欲求を刺激できれば、キャバ嬢が来店を促さなくてもお客さんは自分からお店に足を運んでくれます。

大切なのは短い時間の電話を日々コツコツと積み重ねることです。

1度の電話で日常会話しかなくても、何度も電話を繰り返すうちに来店をプッシュできるタイミングを掴めれば問題ありません。

短い電話を何度も繰り返すことでお客様との距離も縮まるので、そういった意味でも来店に繋げやすくなっていきます。

最大のポイントは「仲良くなることに徹する」こと

「あからさまな営業をしない」「通話時間は短く通話数を打つ」というのはあくまで小手先のテクニックに過ぎません。

来店に繋げられる営業電話をマスターする為には、営業電話の役割をハッキリと理解することが大切です。

お客さんをお店に誘うことが営業電話の目的じゃないの?

もちろんその通りですが、営業電話は来店という「目的」を達成する為の「手段」にしか過ぎません。

基本的にお客様は、「今日お店来てよー」といったストレートな営業電話には反応しません。

なぜならこの時点で「客とキャバ嬢」という関係をお客様の心の中で決定付けてしまっているからです。そんなストレートな営業は他のキャバ嬢からも数えきれないほど受けているはずです。

そんなお客様を来店に繋げる為には、貴女に会いたいと思わせることが重要です。

ようするにお客様から見て貴女に対し、以下のような印象を持たせることができれば手っ取り早く来店に繋げることができます。

  • 自分に好意があるキャバ嬢
  • キャバ嬢というよりも女友達
  • 他のキャバ嬢とは違う存在

このような印象をお客様へ持たせることにより、多くのキャバ嬢を差し置いてでも貴女に会いに来店してくれるようになります。

上記のような印象を持たせる為に、あからさまな営業をしない(※特別感の演出)・短い電話を日々繰り返す(※単純接触効果)というポイントが大切になってきます。

たしかに今まで「来ればラッキー」くらいの感覚で脳死の営業電話をしてたかも…

もちろんひたすら数を打つことも大切ですが、1つの営業テクニックとして「お客様との関係値構築」を意識してみるのもオススメですよ!

もしこの記事を読んでいる方で営業電話が上手く行ってない場合は、営業電話を「来店プッシュするための手段」ではなく、お客様との距離を縮めるための手段として用いてみて下さい!

まとめ

LINEでのやり取りが主流の現代ですが、キャバクラの営業において「電話」は欠かせないツールです。

お客さんに特別感を抱かせる営業電話をマスターすれば、今以上に成績を伸ばせます。

LINEにも手軽さがあるし、必ずしも電話の方が営業に向いているというわけではないよ!

LINEも電話も両方を上手に使って、是非お客様との距離を縮めてみて下さいね!

PR

GeMでは千葉県に特化したキャバクラ派遣&在籍紹介サービスを運営しています。千葉エリアでお店をお店をお探しの方やシフトに縛られず全額日払いで稼ぎたい女性はお気軽にご相談ください!

ご登録の応募はこちら【無料】
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる