キャバクラって週1日でも働ける?忙しいキャバ嬢にオススメな働き方

  • キャバって週1からでもできるの?
  • 稼ぎたいけどシフトが組めるか微妙…
  • 土日だけでもOKなお店ってあるの…?

求人には「週1日勤務OK!」と記載されていることも多いキャバクラ。

学校や仕事などで出勤日数が確保できない女性にとって、キャバクラの週1日勤務はとても魅力的ですよね。

でも、実際「週1日キャバ嬢」で稼ぐことってできるの…?

週1でもOKなお店は少なからずあるけど、ガッツリ稼ぐのは難しいです…

この記事では、週1日しか出勤できないキャバ嬢にが稼ぐためのポイントやオススメの働き方を紹介します。

千葉県専門のコンパニオン派遣

  • シフトなし&完全自由出勤
  • 時給4,000円〜のお仕事多数
  • お昼の時間帯のお仕事もあり
LINEだけで簡単応募可!
目次

キャバクラって週1日でも働けるの?

結論からお伝えすると、週1日しか働けないキャバ嬢は、面接で不採用となる可能性が高いです。

キャバクラで働きたいのなら、最低でも週末を含む週3日は出勤できなければ採用が厳しくなります。

もちろん中には週1日出勤のキャバ嬢もいますが、彼女たちは既にキャバ嬢としての経験および知名度を持っていたり、並外れた容姿の持ち主だったりするレアケース。

週3日ほど出勤しないとキャバクラで採用されない理由は、以下の通りです。

  • お店はたくさん働ける女の子を求めている
  • やる気がないように思われる
  • 時給以上の売り上げを作れない

お店はたくさん働ける女の子を求めている

そもそもキャバクラ側は、女の子にできるだけたくさん出勤してほしいと思っています。

出勤人数の多いお店は、それだけでお客さんに良い印象を与え来店してもらいやすくなるためです。

また「いつでも出勤できる女の子」と「週1日しか出勤できない女の子」とでは、前者の方がシフトの調整が楽でお店側も扱いやすいでしょう。

キャバクラの求人によくある「週1日OK」という文言は、あくまで気軽に応募してもらうための言葉に過ぎず、実際はたくさん働けるキャバ嬢を求めているので、週1日しか働けない女の子は採用されにくいです。

ようするに求人サイトの「嘘」ってことだね…!

やる気がないように思われる

週1日しか働けない女の子は、やる気や熱意がないようにお店から見られやすいです。

あなたが「週1日しか出勤できないけど頑張ります!」と言ったところで、キャバクラから「ほとんどお店に来ないのにどう頑張るの?」と思われてしまうのは当然かもしれません。

キャバクラには、学校やお昼の仕事をしながら働いている女の子がたくさんいます。

たとえ掛け持ちキャバ嬢でも、やる気がある女の子はお店が混む金土祝前日には必ず出勤するため、週1日しか働けない女の子は他のキャストと比較され悪いイメージを持たれてしまいます。

時給以上の売り上げを作れない

当たり前ですが、キャバクラは利益がなければ営業できません。

一般職と比較して高時給ですが、キャストに高時給を払っても利益の残る売り上げがあるから成り立っています。

しかし、週1しかできないキャストとなればお客さんを掴める可能性も低くなり、時給以上の売上を作りお店に貢献することが難しくなります。

たしかにお店からすれば売上を作れる可能性の低い子に高い時給を払うことはマイナスでしかないよね…!

そのため、よほどルックスが良いか既にお客さんを抱えていない限り週1出勤の女の子が採用される確率は低くなってしまうんです…!

そもそもキャバクラは週1日出勤では稼げない

運がよければ、週1日勤務を希望しても採用されるかもしれません。

しかしたとえ採用されても、週1日勤務のキャバ嬢は稼ぎにくいのが現実です。

週1日出勤のキャバ嬢が稼げない理由を、それぞれチェックしてみよう!

  • 指名が取りにくい
  • ノルマ達成が難しい

指名が取りにくい

当たり前ですが、週1日しか出勤しないキャバ嬢はたくさん出勤しているキャバ嬢よりも、フリーにつける回数が減ります。

フリー客との出会いが少ないということは、自分を売り込める相手も少ないということなので、なかなか思うように指名が取りにくくなります。

また、頑張って自分のお客さんにしても、週1日しか出勤しないのでお客さんの来店予定と都合が合わず、結果として指名に繋がらないというデメリットもあります。

キャバクラのお給料は、指名本数に応じて時給が上がったりバックというボーナスが支給されたりするため、指名が取れなければ低い時給のままバックも得られず稼げません。

ノルマ達成が難しい

キャバクラは「〇回出勤する」「〇人と同伴する」など、月ごとのノルマを設けているお店が多いです。

しかし出勤日数を確保できず、指名のお客さんも少ない週1日キャバ嬢が、全てのノルマを達成するのは至難の業。

たくさん出勤しているキャバ嬢なら、毎日コツコツとノルマに取り組めますが、週1日しか出勤できないキャバ嬢の場合はそもそもノルマ達成のチャンスも限られています。

ノルマ未達成時のペナルティなんかもあるしね…

罰金や出勤調整などお金に直結する内容のものが多く、週1日勤務のお給料をペナルティによって失う可能性もゼロではありません…

どうしても週1日しか働けない方にオススメな働き方

それでも「どうしても週1日しか働けない」という女性もいるでしょう。

そのような場合は「キャバクラに在籍」という働き方をするのではなく「単発の1日出勤」という働き方をするのがオススメ!

ここからは、1日出勤が可能な以下2つの働き方を紹介するよ!

  1. 最寄りのお店に体入する
  2. キャバクラ派遣へ登録する

最寄りのお店に体入する

単発で1日だけ働きたいなら、近くのキャバクラに体入するのがオススメです。

キャバクラの体入とは、1日だけのお試し体験として働くこと。

あくまでお試しなので、お客さんを呼ばなくても怒られませんし、働いたお金も全額その日のうちにもらえます。

ただし体入は本来「そのお店に入店して仕事を続けていけそうか」を見極めるために存在するもので、単発で働きたい女の子のための仕組みではありません。

何度も繰り返し体入するのは「体入荒らし」という迷惑行為に該当するのでやめましょう!

キャバクラ派遣へ登録する

週1キャバ嬢にもっともオススメなのがキャバクラ派遣です。

キャバクラ派遣とは、女の子の足りないお店で1日だけヘルプとして出勤する日雇い派遣キャバ嬢のことです。

キャバクラ派遣であれば体入荒らしにもならず、全額日払い&完全自由出勤で空いた時間だけキャバクラで稼ぐことができます。

稼ぎたいけど昼間も忙しい副業キャバ嬢さんや主婦の方なんかにはピッタリだね!

ノルマもないしお客さんと連絡先交換もしなくてOKなので、その気軽さから派遣専業のキャバ嬢さんもいるくらいですよ!

ちなみにキャバクラ派遣の始め方は、最寄りエリアのキャバクラ派遣会社に登録するだけでOK!

また、GeMは千葉県に特化したキャバクラ派遣ですので、千葉でキャバクラ派遣をお考えの方は是非ご応募ください!

まとめ

キャバクラはお昼の仕事よりも自由なシフトで働けますが、週1日と少なすぎる出勤日を希望するとやはり採用されにくいうえ、仮に採用されても稼げません。

どうしても週1日しか働けない場合は、店舗在籍という働き方にこだわらず、1日出勤というさらに自由度の高い働き方にシフトするのがオススメです。

たしかに無理して在籍するよりも、キャバクラ派遣とかの方がシフトの融通も利くし働きやすそうだよね!

派遣は時給も固定なので、週末なんかは時給4,000円以上の依頼も珍しくありませんよ!

出勤日数や売上の有無に関わらず高時給が稼げるので、気になる方は是非キャバクラ派遣を始めてみてください!

ご登録の応募はこちら【無料】
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる