ガールズバーの営業時間は何時まで?求人サイトのLASTの謎も解説!

  • ガルバって何時まで営業してるの?
  • 求人でよく見るLASTって何時なの?
  • 朝まで営業してるお店は違法なの…?

ガールズバーの営業時間は「OPEN~LAST」と表記されていることも珍しくありません。

曖昧な時間表記に「何時まで営業してるの?」「朝まで営業するお店は違法?」など、疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

たしかに!求人とか見るとLAST表記だから「結局何時までやねん」ってなる・・

ということで今回は、ガールズバーの営業時間について徹底解説していきます!

何時まで営業しているのかはもちろん、朝まで営業しているガールズバーの違法性や働くメリットなどを紹介します。

千葉県専門のコンパニオン派遣

  • シフトなし&完全自由出勤
  • 時給4,000円〜のお仕事多数
  • お昼の時間帯のお仕事もあり
LINEだけで簡単応募可!
目次

ガールズバーの営業時間は何時まで?

ガールズバーは基本的に夜から朝にかけて営業するお店が多いです。

しかしガールズバーには営業時間の制約がないため、朝から営業するお店もあります。

まずは、ガールズバーの営業時間に多い以下3つのパターンを見ていこう!

  1. 19時~5時
  2. 19時~2時
  3. 6時~15時

19時~5時

ガールズバーの営業時間は、夜19時頃から翌朝5時頃までが一般的です。

社会人や学生さんが飲みに出る時間帯に開店して、始発電車が動き出すくらいの時間に閉店します。

ただし、客入りが悪く暇な日は早めに閉店するお店も少なくないよ!

お店によっては忙しい週末のみ朝まで営業するガールズバーもあります。

19時~2時

夜19時頃から翌2時頃までを営業時間としているガールズバーも多いです。

地域によっては、朝まで営業してもお客さんが入らない場合があるため、少し短めの営業時間になっています。

ただしお店によっては、その日の客入り次第で営業時間を延長するガールズバーも多いよ!

6時~15時

近年は「朝ガールズバー」や「昼ガールズバー」と称して、朝6時頃から昼15時頃まで営業するお店も増えてきました。

また、朝の営業が終わると数時間だけ店を閉めて、夜の営業を行うガールズバーもあります。

朝まで営業しているガールズバーは違法!?

朝まで営業するガールズバーは違法なのでは?と心配する方は多いです。

しかし、ガールズバーは「風営法に該当しない職種」なので、朝まで営業しても違法ではありません。

たとえばキャバクラでは、お客さんの隣に座ってもてなす、お酌をする、体を密着させるなどの接待行為がありますよね。このような接待行為があるお店は風営法に該当し、深夜0時以降の営業が違法になります。

しかしガールズバーは、カウンターを挟んでお客さんと話すだけなので接待行為はありません。

接待行為がなければ風営法にも該当しないため、ガールズバーは深夜0時以降に営業しても違法ではないってことだね!

そうです!ただし、中には朝まで営業しつつ接待行為を行うガールズバーも存在するのが事実です…!

そのようなガールズバーは違法店なので、絶対に働かないように注意しましょう。

求人サイトでよく見る『LAST』ってなに?

求人サイトなどを見ていると「LAST」という営業時間を見かけることも多いかと思います。

これは”明確な閉店時間は決まっておらず、お客様の状況によって閉店時間が変わる”という意味となります。

どちらかと言えばガールズバーじゃなくてキャバクラ求人に多いよね!

特にLAST表記しているからと言って営業時間を守っていない違法なお店というわけではないので心配しなくても大丈夫ですよ!

キャバとはこんなに違う!営業時間が長いガルバのメリット&デメリット

風営法に該当しないため、キャバクラよりも営業時間が長いガールズバー。

そんなガールズバーで働くメリット・デメリットは以下の通りだよ!

デメリット
メリット
  • 送りなしのお店が多い
  • 好きな時間に働ける
  • がっつり稼ぐことも可能
  • お客さんと仲良くなりやすい

好きな時間に働ける

営業時間が長いガールズバーはシフトの融通を利かせやすいので、自分の好きな時間帯に働けます。

たとえばキャバクラは0時までと閉店時間が決まっているため、営業時間内に都合がつく人しか働けませんよね。しかしガールズバーの場合は、早い時間だけ働きたい、終電まで働きたい、0時以降に働きたい、などの希望も自由自在。

よって、スキマ時間を有効活用したい方やWワークしたい方にも適しているよ!

がっつり稼ぐことも可能

ガールズバーは営業時間が長いため、長時間シフトに入れば1日でがっつり稼げるところも魅力です。

普通のバイトよりも時給が高いうえ、お客さんからドリンクをもらうとドリンクバックと呼ばれるボーナスがつくお店が多いところもポイント。

キャバクラのように接待行為をする必要もないので、気軽に働きつつ効率的に稼げるね!

お客さんと仲良くなりやすい

営業時間が長いぶん、お店に通いやすいのはお客さんも同じ。

また、ガールズバーはキャバクラよりもセット料金がリーズナブルなため、常連さんによっては毎日のようにお店に足を運んでくれる人もいます。

顔なじみのお客さんが増えやすい環境が整っているので、新人さんでもすぐにお客さんと打ち解け仲良くなりやすいんです。

このようなメリットからガールズバーは、ナイトワーク初心者さんや、キャバクラの「ガチガチの接待」に疲れてしまった人にオススメです

特に夜職初心者さんなら、まずはガールズバーから始めてみてね!

GeMは千葉県に特化してガールズバー派遣や在籍紹介を行う会社ですので、気になる方は是非お気軽にご相談ください!

送りなしのお店が多い

営業終了後、送りがないお店が多いところはガールズバーのデメリットといえるかもしれません。

ガールズバーは基本的に夜から翌朝にかけて営業しているため、営業が終わる頃には始発電車が動いています。よって、わざわざドライバーを雇ってまで女の子を送らないお店が一般的です。

でも、もちろん中にはガールズバーでも送りありのお店もあるよ!

仕事終わりは絶対に送りを利用したい」という方は、面接の際に送りについて質問してみることをオススメします!

その他、キャバクラと比べれば時給の低さなど他にもデメリットっぽいポイントはありますが、そもそも接客や仕事内容が異なるためキャバクラよりも時給が低いことはデメリットとは言えません。

まとめ

このように、風営法に該当しないガールズバーには法律によって定められた営業時間が存在しません。

朝まで営業しても違法ではないので、自分の働きやすい時間帯を選んでのびのび働くことができます。比較的シフトが自由で、プライベートと仕事を両立させやすいのは、営業時間が長いガールズバーならではのメリットです。

ただし、何時まで営業しているかはお店によって大きく異なるため、入店前には営業時間をよく確認してみてね!

また、もし千葉県でガールズバーをお探しの場合は、是非GeMへご相談下さい!

完全自由出勤・全額日払いのガールズバー派遣から在籍でのお探しまで豊富な業界知識にてご提案させていただきます!

ご登録の応募はこちら【無料】
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる