【お酒が飲めないキャバ嬢っているの?】知って得するキャバ嬢のアルコール事情

キャバクラで働いているキャバ嬢の女の子はお酒に強いイメージがありますが、キャバ嬢が全員お酒に強いわけではありません。

お酒が好きな女の子ももちろんいますが、お酒が弱くてあまり飲めない女の子もいます。

女の子
お金は欲しいけどお酒飲めないし、酒臭く帰ってきて親にばれたくない・・・

そんなあなたでも大丈夫!飲めなくても働けるので安心してください♡

キャバ嬢はお酒を飲むか自分で選択できる

お酒を飲めない女の子がいれば、同じ席についた他のキャバ嬢の女の子(ヘルプの女の子も)やボーイさんがちゃんと飲まなくてもいいようにフォローしてくれます。

キャバ嬢は基本自分の好きなドリンクを頼んで飲むのでお酒にするかノンアルコールにするか自分で決めることができますが、お客さんの中には自分が頼んだボトルをキャバ嬢にも飲ませようとする人もいます。

困ったときはボーイさんに相談すればうまく対応してくれるので遠慮しないでボーイさんを呼べば大丈夫です。

ヘルプとは

一言で言うと、指名の女の子席を離れたときの”つなぎ”です。同伴のときに、指名のキャストが着替えているとき、指名のキャストが席を離れるときは必ずヘルプが必要になります。

ここで大事にするべき関係が二つあります!!!

①ボーイさんとの関係性

店で働く時店長に気に入られることももちろん大事ですが1番大事といっても過言ではないのが、ボーイさんとの関係を良くすることです。

付け回しをするのが基本現場にいるボーイさんで、いいお客さんを回してくれるかはボーイさん次第といっても過言ではありません。

付け回し

店内にフリーのお客さんがいればキャストを選び席まで誘導するし指名のお客さんが来られるとキャストを席まで誘導し、指名が被るとキャストを席から抜いて指名の席へと誘導する。また、キャストを抜けばお客さんには女の子が付いていないのでヘルプを付ける。一言でいうとお客さんとキャストを繋ぎ合わせる仕事です。 

お酒を作ってくれるボーイさんに濃いめが好き・薄めが好き・ノンアルコールいうことを伝えておけばアルコール度を調整して持ってきてくれます。

 

アルコールドリンクの㊙︎

キャバクラでは、キャストの為にお酒の弱い・飲めない子の為に緑茶ハイ→緑茶レモンハイ→レモンジュースなど実はお酒が入ってない裏工作をしている場合が多いです◎

 アルコールをありにするかなしにするかも、アルコールなしにしてほしいときだけドリンクを頼むときに書くメモにお客さんは知らないキャバ嬢とボーイさんだけがわかるアルコールなしのマークを書けばノンアルコールで作ってもらうことができます。

②他のキャストとの関係性

同じ席についている他の女の子がお酒に強ければ、飲めない子の分を代わりに飲んでくれる場合もあります。

ここで誰しも仲の悪い・嫌いな子の分までお酒を飲んであげようと思う子はいませんよね?

同性だからといってプライベートまで仲良くする必要はないと思いますが、キャスト同士はライバルですが仲間でもあります。

少しでも自分の売上を良くする為にも普段からしっかり挨拶をしていい関係を築き上げておけば、いざとゆう時あなたの助けに↓

あなた
ボトル入れてくれるけど私全くお酒飲めない・・売上に繋がるしどうしよう・・・
他のキャスト
私お酒好きだから◯◯ちゃんの為にもがんばって飲むよ♡

なんて言ってくれたら売上も上がるしさらにうれしいですよね!

まとめ

このようにお酒を飲まずにキャバクラをすることは可能です。

書いたようにボーイさん・キャストの女の子とのいい関係を築けばば尚楽にできるはずです◎

派遣の場合は1日のみなので関係を築くのは難しいですが、逆に1日のみなので気にすることなくはっきり飲みたくない場合は飲めないと言ってしまっていいかもしれませんね! 

The following two tabs change content below.
きくりん
以前ずっとスカウトをしていました。 今まで数えきれないキャバ嬢と接してきました。 元スカウトマンだからこそわかること・経験を生かしていこうと思っているのでよろしくお願いします☆

為になったら即シェアしてね♡

今すぐWEBで簡単登録!

%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99

 

GeMは千葉県のキャバクラ派遣会社です。 千葉県の契約店舗数はトップクラス! 毎日LINE@でお仕事情報配信中♪

ABOUTこの記事をかいた人

きくりん

以前ずっとスカウトをしていました。 今まで数えきれないキャバ嬢と接してきました。 元スカウトマンだからこそわかること・経験を生かしていこうと思っているのでよろしくお願いします☆